ひばり児童合唱団 オフィシャルサイト

ひばり児童合唱団

ひばり児童合唱団 新規団員募集中!

"ひばり"でみんなと一緒に歌ってみませんか?

1943年(昭和18年)~1979年(昭和24年)荻窪/山北

1943年(昭和18年)

皆川和子 荻窪にて近所の子供を集めて,歌のお稽古を始める。まもなく名無しの合唱団誕生(団員23名)これがひばり合唱団の起源となる。


1944年(昭和19年)

皆川和子 山北町(神奈川県)に疎開。そこで春和会書道塾開設。塾生はそのまま春和会児童合唱団の団員にさせられる。


1945年(昭和20年)

徐々に団員の数も増え,合唱団として練習に励む。


1946年(昭和21年)

NHK(ラジオ放送)”のど自慢素人音楽界”で団員の下沢節子・山田栄子が合格,優秀賞を受賞。全国放送される。

NHK学校放送に山田栄子(現在ゆりが丘松園少女合唱団主宰,指揮者として活躍が「埴生の宿」を独唱初出演。

NHK学校放送再出演と同時に「ひばり児童合唱団」と改め現在に至る。


1947年(昭和22年)

最初の演奏会を山北町立川村小学校講堂で開催(当時団員役100名)。伴奏者に矢代秋雄氏を迎える(当時は芸大一年生)。


1948年(昭和23年)

小百合幼稚園(静岡県小山町)に支部開設。

NHK学校放送「春和会児童合唱団」改め「ひばり子供会」として初出演。

山北における二度目の演奏会に特別出演者として米山正夫氏(作曲家)安西愛子氏を招く。


1949年(昭和24年)

茅ヶ崎支部(神奈川県茅ヶ崎市)開設。

鶴見支部(神奈川県横浜市)開設。(タンダバハ舞踊団内)

子供オペレッタ「かぶらっこ」公演。於 読売ホール。